Beauty Lesson

Beauty Lesson

2020.09.29

睡眠が美肌を作る!質の良い睡眠を取るポイントとは?

「美人は夜につくられる」といいますが、美肌のためには質の良い睡眠が大切です。
今回は、質の良い睡眠が美肌を作る理由や、質の良い睡眠を取るために知っておきたいポイントをご紹介します。

<h2>眠っている間に肌は作られる!</h2>
体の細胞は日々生まれ変わっていますが、わたしたちの肌も毎日生まれ変わっています。
人間の肌は何重にも重なっており、一番外側の肌が古くなってはがれ落ちると、その下にある新しい肌と入れ替わります。
このように肌が約4週間で生まれ変わるとされていますが、睡眠時には、この肌の入れ替わりを促す物質が分泌され、お肌は日々生まれ変わっているのです。

そのため、睡眠が不足したり睡眠の質が悪くなると、肌の回復力も下がり、肌が乾燥しやすくなる・ハリが失われる・シミやシワが増えるといったさまざまな問題が起きることがあります。

実はNG!睡眠を妨げる行動


睡眠が美肌を作る!質の良い睡眠を取るポイントとは?
質の良い睡眠が美肌を作ることは分かりましたが、ここでは睡眠を妨げる行動について見てみましょう。

日ごろ何気なくやっている行動のなかにも、実は睡眠を妨げているものがあるんです。

<h2>寝る前の歯ミガキ

夜寝る前に歯ミガキをするという方も多いでしょうが、これは安眠のためには良くない習慣です。

歯ミガキにはリフレッシュ効果があるだけでなく、歯茎を刺激することで睡眠物質が出るのを防ぐ作用があります。
食事も早めにすませるとともに、歯ミガキも少なくとも寝る1時間前にはすませるように心がけるとよいでしょう。

いつもより早く寝る

「明日は朝早くから旅行に行くから」といった理由で、意気込んでいつもより早く床につくのも逆効果です。
テストや運動会の前日などで経験した人も多いのではないでしょうか。

普段の就寝時刻の2~4時間前はもっとも寝つきの悪い時間帯なので、この時間に寝ようとしてもかえって眠れません。

カフェインをとる
コーヒーや紅茶に含まれ、眠気防止効果が知られているカフェイン。

しかし、「寝る何時間前からカフェインをとったらいけないの?」と具体的な時間を知る人は少ないと思います。
カフェインは体内で分解されるのに時間がかかるため、なんと4~5時間も効果が持続します。
就寝5~6時間前にはひかえるのが良いでしょう。

睡眠に最適な温度・湿度とは?


睡眠が美肌を作る!質の良い睡眠を取るポイントとは?
ところで、睡眠にとって最適な温度や湿度とは一体どれくらいなのでしょうか。
理論上は「布団や毛布を使えば室温3度までは良く眠れる」といわれます。
ただし、室温が低すぎれば呼吸で肺が冷やされ体温が低下するため、実際は16~20度が最適な温度とされています。

一方、お肌にとって最適な湿度は65%くらいと言われています。
湿度が低いと鼻やのどの粘膜をいためて睡眠の質が悪くなり、風邪やインフルエンザといった病気にもかかりやすくなります。
加湿器ぬれタオルといったアイテムを上手に取り入れることもオススメです。

美しいお肌には十分な栄養だけでなく、質の良い睡眠が必要です。
今回ご紹介したポイントも参考に、毎日の睡眠から美人を目指しましょう!

おすすめ記事